レイリス&カンパニー株式会社

マンション経営に関する生命保険の効果

「団体信用生命保険」があるから 万が一の時も安心

万が一の時、自分に何かあったらどうしよう・・・・・

自分に何かあった時のローン返済が心配・・・・・

万が一のことがあった場合、マンションはどうなる?

「団体信用生命保険」が残債分をすべて支払うので安心!

マンションなどの住宅を購入する際のローンには「団体信用生命保険」がついてきます。
これは、オーナー様がローンの返済期間中に万が一のことがあった場合、その時点で残っている金額をオーナー様の代わりに、保険会社がすべて返済するシステムです。
そのため、マンションは残されたご家族に借り入れのない状態で残りますので家賃収入をそのまま継続的に受け取ることができます。また、マンションを売却することでまとまったキャッシュを得ることもできます。

物件を相続、
家賃収入はそのまま

マンションはローン完済後に、ご家族の方が相続できます。
これまでローンの返済に充てられていた家賃収入はそのまま新しいオーナー様の安定的な収入となります。
通常の生命保険と同様の効果がある、新しい保障と言えるでしょう。

保証の比較

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、住宅ローンをご利用いただいているオーナー様自身が死亡または高度障害に陥った場合に、所定の保険金を債務(住宅ローン残高)に充て、ご家族に負担がかからないようにする生命保険です。 保険適用後は、借金のない転売可能なマンションが実物資産として残ります。家賃収入はそのままご家族(新しいオーナー様)に入ることになります。

団体信用生命保険と定期保険特約付き終身保険との違い

団体信用生命保険は、保証額=ローン残高です。ローンの返済が進むにつれて保証額も小さくなりますが、そのぶん純資産が増えていくことになります。

団体信用生命保険

団体信用生命保険グラフ

定期保険特約付き終身保険

定期保険特約付き終身保険グラフ

家族に月額8万円の家賃収入が残るケース

設定条件

  • ■2,500万円のマンションを200万円の頭金で購入
  • ■借入額2,300万円、35年元利均等返済、ボーナス返済なし
  • ■家賃収入9.5万円、管理費・修繕積立金・賃貸管理料合計1.5万円
  保険適用前 保険適用後
毎月返済額 ▲9万円 ゼロ
毎月の管理費など ▲1.5万円 ▲1.5万円
毎月の家賃収入 9.5万円 9.5万円
差引 ▲1万円 8万円

保険適用後

保険適用後の相関図

CONTACT US

コンタクト

下記、電話番号かコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お客様専用のご相談窓口は下記フリーダイヤルにご連絡ください。