レイリス&カンパニー株式会社

マンション経営で年金対策

マンション経営による私的年金づくりは 有効な老後資金対策です。

節税効果があるとは知らなかった。だけど・・・・・

マンション経営の将来的なメリットはあるのか?

心配な老後の資金対策を立てたい・・・・・

公的年金がちゃんともらえるか不安だ・・・・・

家賃収入による私的年金づくりで将来に備えられます。

誰もが老後への不安を抱えている現在、少子高齢化の一途を辿る日本社会を考えると、ご自身やご家族の老後に備えるために、将来に向けて蓄えを増やすことが必要です。
マンション経営は、ローン終了後に優良な資産がご自身のものになるだけではなく、継続して家賃を受取ることができます。
公的年金の不足分を補う私的年金として活用でき、ゆとりある老後への大きな蓄えとなります。

高まる
「私的年金」の重要性

加速度的に少子化が進んでいる現状を踏まえ、公的な年金制度の将来について様々な不安が囁かれています。
公的年金だけに頼っていては、老後の平均的な生活費もまかなえない可能性が高く、 ご自身とご家族の老後を守る「私的年金」「個人年金」の重要性はますます高まるばかりです。

家賃年金という考え方

1. 高齢夫婦無職世帯の1か月の平均収支

可処分所得
185,006
< 消費支出
242,598
  不足分
57,592
平均収支グラフ

※総務省「家計調査報告」(平成25年)より

2. 不足金を補うには?

サラリーマンの方が35歳から60歳まで年金対策を行うとすると?

預貯金で貯める場合

月々 約5.8万円の負担 銀行などの金融期間への預貯金ではほとんど利息がつかないため、不足分の5.8万円をそっくり貯めることに。

年金保険に加入する場合

月々 約4万円の負担 35歳で年金保険に加入して、60歳から毎月5万円を20年間もらおうとすると、月々4万円の掛金を支払うことに。

マンション経営を始める場合

月々 約2万円の負担 老後の不足金を自己負担で補うのではなく、ローン完済後の家賃収入を私的年金として活用!

※プランによって月々の負担額が異なる場合がございます。

この他にも様々な年金対策が考えられますが、月々の負担の少なさなどから考えて、マンション経営は非常に有効な年金対策だと言えます。

CONTACT US

コンタクト

下記、電話番号かコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お客様専用のご相談窓口は下記フリーダイヤルにご連絡ください。