レイリス&カンパニー株式会社

節税効果を生むマンション経営

マンション経営を始めると確定申告で 税金が戻ってきます。

大まかな仕組みは理解した。だけど・・・・・

税金についてはどうなる?

これ以上払う税金が増えるのはちょっと・・・。

税法上のメリットがあると聞いたけど?

節税効果もマンション経営の大きな魅力です。

マンション経営を始めると節税効果を得られる場合があることをご存じでしょうか?
諸経費、諸費用などの必要経費を計上できるため、家賃収入から必要経費を差し引きすると不動産所得がマイナスになる場合があります。 この不動産所得は、オーナー様の給与所得と合算することができるため、合計した所得額はマンション購入前と比べてマイナスとなります。
それに伴い課税所得が減り、納税額が少なくなります。

必要経費のポイントは
「減価償却費」

必要経費として「減価償却費」を活用できるのが重要なポイントです。
減価償却費とは、取得費用を耐用年数で割った金額が毎年経費として計上される、名目上の経費です。 実際の出費を伴わないため、オーナー様の負担が増えるわけではありませんのでご安心ください。

マンション経営による節税の仕組み

課税所得
400万円

+

不動産所得
-50万円
(家賃収入 - 必要経費)
(100万円 - 150万円)

=

新課税所得
350万円

+
=
大きな節税効果!
  課税所得 税額 節税額
マンション購入前 400万円 77万円  
マンション購入後 350万円 62万円 15万円

サラリーマンなどの給与所得者でも、自営業者と同様に収入から必要経費を差し引き、納税額を減額することが可能です。
つまり減価償却費などの必要経費によるマイナスで、全体の課税所得額が減り、それに合わせて納税額も低くなるという仕組みです。
マンション経営はサラリーマンにとって効果的な節税の手段であると言えるでしょう。

確定申告で税金が戻ってくる

サラリーマンの場合、所得税は給与から天引きされていますが、確定申告によって払いすぎている税金を取り戻すことができます。
損益通算によって課税所得が下がる場合は、ぜひ確定申告を行いましょう。

CONTACT US

コンタクト

下記、電話番号かコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お客様専用のご相談窓口は下記フリーダイヤルにご連絡ください。